PROFILE

千北祐輔(ちぎたゆうすけ)

Bassist(Double bass/Electric bass)/Composer

1984年4月22日生まれ。
大阪府出身。
15歳から独学でエレキベースを始め、高校入学後ロックやパンクのバンドで活動する。
高校卒業後、1年間のフリーター活動を経て、大阪芸術大学に入学する。

そこでウッドベースを始め、ジャズにのめり込む。
大学卒業後、関西のジャズシーンで活動。竹田一彦gt、近秀樹pf等の関西を代表するミュージシャンと共演する。


2012年に3ヶ月間ニューヨークに滞在する。そこで色々な人と出会い、様々な音楽や文化に触れ、多くの刺激を受けて帰国する。

帰国後、活動拠点を東京に移す。

 

2013年、神戸ネクストジャズコンペディション 準グランプリを獲得。

2014年ニューオリンズで開催されたフレンチクォータージャズフェスティバルに出演。

 

これまでに、Gaku Yabushita group(big bang)、東京プレミアムジャズセッション(シーズンソングス・キングレコード)、矢藤亜沙巳トリオ(This way)、古谷淳(south bound・songx)、千葉岳洋(Alpha and Omega・ちぐさ)、有川久美子(people)、TVアニメ血界戦線、Tokyo city 競馬(twinkle twinkle)、sax world等のレコーディングに参加する。

 

現在は、自己のオリジナル曲を演奏するリーダーバンドや、ストレートアヘッドなジャズを演奏する7人編成のバンド山田拓児(folklore)、2017年songXより1stアルバム[south bound]をリリースした、インプロビゼーションや独自の世界観の楽曲を表現する古谷淳(otherside quartet)、老舗ジャズクラブ御茶ノ水NARUのハウスバンドとして活動しているEMAグループ、日本を代表するドラマー大坂昌彦にゆかりのあるミュージシャン西口明宏sax、広瀬未来tpが結成した硬派なバンドJJPD、薩摩の熱い魂を歌うシンガソングライター上村正人BAND等の様々なシーンで精力的に活動中。

© 2017 by CHIGITA YUSUKE. Proudly created